地域の子どもは地域が育てる
ボランディア募集について
ボランティア募集について

経済・文化的な格差で子どもたちの
将来や可能性が奪われていることを知っていますか?

日本は豊かな社会と考えられてきましたが、
今経済的な格差は拡大し、
相対的な貧困状態におかれる家庭が増えてきています。
そのような経済格差が子どもたちの中でも文化や教育の上での格差を拡げ、
子どもたちの将来に暗い影を落としています。
私たちはそのような子どもたちの状況を少しでも変えたいと活動しています。

理事長 大賀 喜子

子どもたちの将来と

可能性を大切に。

元大阪市立西淡路小学校の図書室と学習園を使用して、毎週月曜日~金曜日の午後5時~午後9時まで(小学生は午後7時まで)さまざまな子どもたち(小学生・中学生・高校生)に暮らしと学びの支援をしています。
地域の子ども達が安心して集まり、将来に希望を見出し、自己実現できる居場所にしたいと思っています。

あわじ寺子屋の活動について
あわじ寺子屋の活動について

『いつでも だれでも ようこそ』を合言葉に居場所を立ち上げ、
小学生・中学生・高校生の子どもたちの暮らしと学びの支援をしています。

寺子屋事業

寺子屋事業

寺子屋は、集まる子どもたちに2つ役割を果たします。1つは、安心できる居場所を提供することです。
さまざまな子どもたちが集まる中で、自分が肯定されているという感覚を育てます。
もう1つは、自分で行う学習の習慣をつけることです。
宿題を始め必要な学習を自分自身で行うことをスタッフがサポートします。

詳細を見る

体験学習

体験学習

寺小屋は、集まる子どもにさまざまな体験を提供します。社会的な経験の多様さがが学力や進路に大きい影響を与えることよく知られています。寺小屋では、食物を育てる、ものを作る、芸術を体験する、みんなで何かを企画するなど、普段家庭ではできないさまざまな体験ができるような取り組みをします。

詳細を見る

若者ひろば

若者ひろば

寺子屋を取り組み始めて4年、小学生・中学生が集まる寺小屋を卒業していった子どもたちがたくさんいます。一方で高校になじめず退学した人や、社会に出ていくことのできない人もいます。寺子屋事業とは別にそのような人たちを対象に若者広場という新しい事業を立ち上げました。

詳細を見る

あわじ寺子屋からのお知らせ

  • ボランティア

    中学・高校生への『学習支援』のボランティアの募集

  • 自転車修理教室

    活動報告

    自転車修理教室

  • じゃがいも収穫

    活動報告

    じゃがいも収穫

一覧を見る

これからもあわじ寺子屋を、続けていきたい。

あわじ寺子屋が継続的に維持できるように、
ご寄付をお願いします。
みなさまの温かいご支援をお願いします!